FC2ブログ
      
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/09
ひつじ玉


 ●使用した材料● 
 羊毛、市販フエルト、シール、手芸ボンド

 私が過去に作ったもので、とにかく採算の合わない商品が「ひつじ玉」です。当初は
売れることが嬉しくて必死に作っていました、が!手間ヒマと労力が尋常でないくらいに
かかるため、自然意欲が萎んでいきました。儲からないんだもの!
 ただ、私の作ったものの中では珍しく喜ばれる商品でもあり、今回は清水の舞台から
飛び降りる(清水→清掃日は水曜、の略)覚悟で望みます。
 
          ~~~~~~~~~~~~~~
   ●制作開始!羊毛をそのままフエルト化させる●


               ひつじ玉

 写真は羊毛(メリノ)を裂き、それを熱湯にくぐらせて固めているところです。
 熱湯→水→熱湯→水を繰り返すうち羊毛がひも状に固まってきました。これを乾かし
ボンボンメーカー(ハマナカだと思います)で丸くします。ちなみに、このひも糸には
「フエルトん?」という名前をつけました。

               ひつじ玉


   ●中間報告! やはり面倒くさい!●

               ひつじ玉

 ボンボンの状態からフエルト生地で顔をつくり、シールで目をつけます。実は足も
ついてます。目に関しては色々試した結果、シールの輝きが相応しいと判断しました。
心の底から、二度と作りたくない!って思えるくらい手間のかかる連中ですよ!

               ひつじ玉


 もふぁもふぁな生物が2日がかりで20玉ほど完成です。泣ける。店では¥500という
値をつけて販売してます。売れたら売れたで、また作るのか・・・
 だけど、掌に伝わるこの感触は心地よい。


作者 たじま ひであき
作品名 「ひつじ玉」


ブログ「工房タテヨコ」http://otayaitoten.cocolog-nifty.com/
HP「へなちょこ編物王」http://park11.wakwak.com/~henachoko/
ショップ「太田屋糸店」http://otaya.jugem.jp/
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://otayaitoten.blog80.fc2.com/tb.php/13-e949e715
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。