FC2ブログ
      
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/07/27
異国ジャケット


 ~管理人が代筆しています。
 
 異国の作家さんからデザインを購入され、完成されるまでのアメリさんの奮闘記~

   ●使用した糸● 
 自分で紡いだ糸(へブリディーン?) 8号



               異国ジャケット



   ●訳すところから始まりました●

 私の故郷宇都宮のお教室で、アメリさんと先生が頭をかかえながら英文と向かいあっています。日本は編み図や製図がかなり浸透した土地柄のようですが、海外には編み図がないものが多く、一般には文章で作り方を説明されるようですね。
 何段編んだあと、何編みで何段編む、という感じかな?

 とかく悩むなら一人よりも二人、独特の言い回しに困惑しながらも(私は皆目分かりませんでした)ようやく製図に入ることが出来たようです。


               異国ジャケット


               異国ジャケット



   ●ネックから編むラグランのジャケット●

 参考にされた作品は、前開きの部分に工夫がしてあり(少し中心からずれている)、ザックリしているけれど羊の素材を生かしているものでした。ですから紡ぎ糸は最適でした!シンプルであるほど素材が物を言いますからね。
 また、首から編んでいく、ちょっと特殊な編み方だったため、計算をかなり密にされたとか。

 糸は空気を含んだ弾力のある手紡ぎ糸でした。アメリさんはスピンドル、という独楽のような道具で紡がれていたので糸にするまで相当時間もかかったと思います。紡いで、編んで、ええ、手間のかかるものなの。


 異国ジャケット



   ●自分に似合う作品の完成!●

 作ったご本人が着ていらっしゃいます。ピッタリですね!紡ぎ糸で編んだので使っていくうちに味が出て、自分の体に沿う形になっていくのだろうと思います。色味もよく見ると複雑に絡みあっていたりと、ナチュラルな風合い。

 やっぱり手紡ぎ糸は魅力がありますね、制作お疲れ様でした。

 


 作品名「異国ジャケット」
 作者 アメリさん






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://otayaitoten.blog80.fc2.com/tb.php/50-c20cabac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。