FC2ブログ
      
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/21
スケスケ織り


   ●空けて、明けて、開けて●

 ~ウール素材で、ちょっと織り地の隙間をあけてみました。正式名称はスッケスケ織り~



               スケスケ織り


 
    ●普通にやると失敗する●

 最初から隙間をあける、スケスケにすることでなんかいい感じに、ならなかったですね。なので頭のギアを切り替えて試しに織ってみました。いつでも思いつくとやってしまうのが悪い癖ですけど、性分だから仕方ないです。税金とか、労働の義務とか控除されないかな?
 技法としては名前すらないような技法だと思います。その辺をうろちょろしてる犬みたいなもんですからシーズーでしょうか。

               スケスケ織り



               スケスケ織り



   ●素材がウール、ということ●

 ウールの特徴として必ず挙げられるのが「縮む」という性質。繊維同士を絡めて全体を馴染ませる、または縮めてしっかりさせる、その効果を狙ってお湯に浸けることを「シュクジュウ」と言います。この方法は麻、絹、にはあまり関係がないでしょう。単純に経糸を張る段階、もしくは緯糸を通すときに隙間をあけておけばいいだけですからね。

 ただしウールには先述のような特徴があります。空間、糸と糸、隣同士の間が空き過ぎていますと糸が泳ぎ、なんだかモンブランに乗っかってる縄みたいなクリームのように(美味しそうですね)うねっててしまうため、要は綺麗に見えないことが失敗を通じて理解できました。つまりスケスケの織り地にしたい場合はちょっと工夫がいるのだ、ということですね。

 (ところで、こっちは知らずに手を動かしてますので、実際のところ技法としてあるものなのかどうなのか?名前すらちょっと分かってません)

 緑色の糸はナイロンを含んだ既製品の糸です。これを一緒に織る。織り上がったらお湯に浸ける。

 十分縮ませたあと、緑の糸を引き抜く。

               スケスケ織り


   
   ●愛用できそうだ●

 既製品の糸が間に入っているため縮みにくく、逆にそのため端の処理が簡単になるようですね。面白そうなので今後も実験していきたい技法です。


HP「へなちょこ編物王」http://park11.wakwak.com/~henachoko/
ブログ「太田屋糸店」http://otaya.jugem.jp/ 



   
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://otayaitoten.blog80.fc2.com/tb.php/95-f84241bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。